サッカーライブ

国内・外の最新のサッカー情報をお伝えするまとめブログです。

    U16日本代表
    1: 豆次郎 ★ 2018/10/08(月) 00:06:16.42 ID:CAP_USER9
    10/7(日) 23:36配信
    [AFC U-16選手権]U-16日本代表が6大会ぶりのアジア制覇!!エース西川が決勝ゴール!

    [10.7 AFC U-16選手権決勝 U-16日本代表 1-0 U-16タジキスタン代表 マレーシア]

    “02ジャパン”がアジア制覇! AFC U-16選手権マレーシア2018決勝が7日に行われ、U-16日本代表がFW西川潤(桐光学園高)の決勝点によって1-0でU-16タジキスタン代表に勝利。日本は94、06年大会に続き、6大会ぶり3度目のアジア王者に輝いた。

     日本は準々決勝でオマーンを破って来年のU-17ワールドカップ出場を決め、準決勝ではオーストラリアを3発撃破。決勝で対戦したタジキスタンは北朝鮮や韓国を下して初の決勝進出を果たしたチームで、日本はグループステージ第2戦で0-0のスコアで引き分けていた。

     そのタジキスタンとの再戦に日本は4-4-2システムで臨んだ。GKは野澤大志ブランドン(FC東京U-18)で4バックは右SB角昂志郎(FC東京U-18)、CB鈴木海音(磐田U-18)、全6試合先発のCB半田陸(山形ユース)、左SB中野伸哉(鳥栖U-15)の構成。中盤は全6試合先発の横川旦陽(湘南U-18)と成岡輝瑠(清水ユース)がダブルボランチを務め、右MF中野桂太(京都U-18)、左MF三戸舜介(JFAアカデミー福島U18)。2トップはエース西川と今大会5得点で得点ランキング首位タイの唐山翔自(G大阪ユース)がコンビを組んだ。

     グループステージでは引いて守りを固めてきていたタジキスタンだが、この試合の前半は重心をやや前に置き、高い位置からプレッシング。良い形でボールを奪うと一気にシュートにまで持ち込んできていた。それに対して日本も1タッチを交えたパスワークでフリーの選手を作り出す。そして、西川の左足クロスなどからCKの本数を増やした。

     23分、日本は唐山が強引にDF間を突破してGKと1対1になるが、シュートはタジキスタンGKハサノフがストップ。直後にはハーフウェーライン付近でのボールロストから中央突破され、スルーパスを通された。そしてFWザイロフに決定的なシュートを打たれたが、これはGK野澤がファインセーブ。事なきを得たものの、危ないシーンだった。

     日本は西川や中野桂が遠目の位置からでも積極的にシュート。だが、個々が強度ある守りを見せ、ファイトするタジキスタンはゴール前で簡単には懐に入らせてくれない。それでも後半、日本はクロスから迎えたピンチを鈴木の好守で凌ぐと、9分に三戸をMF中野瑠馬(京都U-18)にスイッチ。そして、18分にエースがスコアを動かした。

     日本は右中間でのターンで前を向いた西川が中央の中野桂へパス。そのシュートはブロックされたが、こぼれ球を左サイドで拾った中野瑠が縦への仕掛けでDFを振り切って中央へ折り返す。これをファーサイドの西川が左足ダイレクトボレーで決めて先制した。

     西川の今大会初ゴールでタジキスタンゴールをこじ開けた日本はこの後、落ち着いてボールを繋ぎながらゲームをコントロール。タジキスタンの迫力あるカウンターにPA付近まで持ち込まれるシーンもあったが、日本は半田を中心に複数の選手が挟み込んで、身体を張ってシュートを打たせない。

     体力的に非常にキツイ終盤、日本はミスも増えた。それでも、彼らは必死に戦い続ける。39分には唐山に代えてMF荒木遼太郎(東福岡高)を投入。3分のアディショナルタイムに中野桂をFW青木友佑(FC東京U-18)に代え、最後まで全員で走り抜いた日本が1-0で勝ち、喜びを爆発させた。

     02年生まれ以降の世代で構成された“02ジャパン”は柿谷曜一朗や水沼宏太を擁した06年大会以来となる優勝。アジアチャンピオンとして来年のU-17ワールドカップ(ペルー)に臨む日本は、新たな競争を経て力を高め、世界でも舞う。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-02521073-gekisaka-socc
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20181007-02521073-gekisaka-000-4-view.jpg

    【【サッカー】[AFC U-16選手権]U-16日本代表が6大会ぶりのアジア制覇!!エース西川が決勝ゴール! 】の続きを読む

    武藤
    1: 春の呪い ★ 2018/10/08(月) 21:18:08.24 ID:CAP_USER9
    ● ベニテス監督、武藤の英語力について「我々の予想を下回るものだった」と言及

    ニューカッスルのFW武藤嘉紀は、現地時間6日に行われたプレミアリーグ第8節マンチェスター・ユナイテッド戦(2-3)で移籍後初ゴールをマークしたなか、指揮官は武藤にプレー面以外で改善を求めているという。英紙「ザ・サン」が報じている。

     待望の瞬間が訪れたのは、ニューカッスルが1-0とリードして迎えた前半10分だった。右サイドからのクロスを中央で受けた武藤は反転しながら左足を一閃。世界屈指の守護神であるスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの牙城を崩す強烈なシュートを突き刺し、追加点を奪った。

     試合はその後3連続失点を喫し、逆転負けを喫したが、武藤は現地メディアから高評価を受けている。その一方で、この試合前にニューカッスルのラファエル・ベニテス監督は日本人アタッカーについて、ある問題点を指摘した。

    「彼の英語力は我々の予想を下回るものだった。彼が常に笑顔でいるのは良いことだと思うが、以前いくつか彼に質問した時に、笑顔で『イエス、イエス、イエス』しか言わず、内容を理解していなかった。彼にはゆっくり説明し、ジェスチャーを入れなければならない。動画や分析データを見せれば、理解は早まることだろう。
    それぞれの選手や人間性は異なる。彼は英語を上達させ、チームメイトとの理解を深めていくことになる」

     2015年から3年間マインツでプレーした武藤だが、今季からプレミア初参戦であることもあり、自身を取り巻く環境は大きく変わった。武藤は“言葉の壁”に直面しながらも結果を残しており、これからさらに飛躍しそうな予感を漂わせている。

    Football ZONE web編集部
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181008-00139941-soccermzw-socc

    【【サッカー】 「笑顔で『イエス』しか言わず理解していない」 武藤の課題をニューカッスル監督が指摘 】の続きを読む

    クロップ監督
    1: 久太郎 ★ 2018/10/09(火) 16:52:19.49 ID:CAP_USER9
    【AFP=時事】イングランド・プレミアリーグのリバプール(Liverpool FC)を率いるユルゲン・クロップ(Juergen Klopp)監督は、新設されたUEFAネーションズリーグ(UEFA Nations League)を「世界でもっとも無意味な大会」とこき下ろした。

     先日行われたリーグ戦で、リバプールはマンチェスター・シティ(Manchester City)と0-0で引き分けた。この結果、両チームにチェルシー(Chelsea)を加えた3チームが勝ち点20で並んだが、得失点差により順位が分かれた。

     クロップ監督は23日間で7試合を行うという過密日程が終わったことに安堵(あんど)しているが、これからの2週間がチームの選手たちに何をもたらすのか確信を持てていない。

    「もし、8試合を終えて勝ち点20だと誰かが私に言っていたとしたら、あの日程を考えると『信じるよ、なら9試合目を始めよう』と答えていただろう」

    「選手たちは不運にも再びここを離れ、ネーションズリーグに出場しなければならない。サッカー界でもっとも無意味な大会にね」

     クロップ監督は、イングランド代表としてW杯ロシア大会(2018 World Cup)に出場したMFジョーダン・ヘンダーソン(Jordan Henderson)のケースに触れながら、選手がよりフレッシュな状態になるには適切な休養を与える必要があると述べた。

    「もし生き生きとした選手を見たいのなら、夏の休暇を与えなければならない」「ヘンダーソンにいたっては夏休みがちょうど2週間しかなかった。おかしなことだが、そういうものだ」

    「チームを離れることが大きな問題ではないと言っているのはそのためだ。しかし、もしどこかの代表チームの監督に電話し、1人か2人の選手をチームから除外するよう頼むと、彼らは『私にはプレッシャーがかかっている。今はネーションズリーグの時期だから』と言うだろう」

    「その大会で何が得られるのか正確には知らないが、来年の夏に決勝のようなものが行われるのは確かだ。以上」 【翻訳編集】 AFPBB News

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00000023-jij_afp-socc

    【【サッカー】クロップ監督、新設のネーションズリーグを「世界で一番無意味な大会」と酷評 】の続きを読む

    堂安律
    1: Egg ★ 2018/10/09(火) 09:02:38.60 ID:CAP_USER9

    栄誉を争うライバルたちの顔ぶれは?

    日本サッカー界期待の俊英、堂安律が、世界にその名を知らしめようとしている。

     現地時間10月8日、フランス誌『France Football』は恒例の「バロンドール(欧州最優秀選手賞)」の候補者とともに、今年から新設された「コパ・トロフィー」の最終10名の候補者たちも発表した。

     欧州で活躍する21歳以下の若手選手がノミネート対象だ。1950年代にレアル・マドリーで活躍し、1958年のバロンドール受賞者でもあるフランス代表往年の大スター、レイモン・コパの名を冠にしている。

     そんな栄えある賞の最終候補者に堂安が選ばれたのである。日本代表MFはイタリア紙『Tutto Sport』が主催する「ゴールデンボーイ賞」にもノミネートされており、昨シーズンのフローニンヘンで公式戦10ゴールをマークした20歳が、世界的な注目を集めている証だ。

     とはいえ、堂安と「コパ・トロフィー」の栄誉を争うライバルたちは、いずれも世界でその名を馳せる俊英ばかり。そのなかでも筆頭候補となるのは、フランス代表の“怪童”キリアン・エムバペだろう。

     先のロシア・ワールドカップでは背番号10をつけ、母国の世界制覇に大貢献。クラブレベルで見れば、モナコでの飛躍を経て昨年夏に移籍したパリ・サンジェルマンでも特大のインパクトを残した。

     その他の候補者も欧州で飛躍し続ける猛者が揃う。19歳にしてイタリアの名門ミランで正守護神を務めるジャンルイジ・ドンナルンマやリバプールでユルゲン・クロップの薫陶を受けるトレント・アレクサンダー=アーノルド、さらにはドルトムントで香川真司の同僚のクリスティアン・プリシッチ、元オランダ代表FWパトリック・クライファートの息子であるユスティン・クライファートも名を連ねる。

     誰が受賞してもおかしくない超逸材と肩を並べ、堂々“10傑”に食い込んだ堂安。その事実だけでも、ひとつの快挙と言っていいだろう。受賞者は現地12月3日に発表される。

     以下が「コパ・トロフィー」2018年度のノミネート10選手だ。

    キリアン・エムバペ(パリSG/フランス代表/FW)
    トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール/イングランド代表/DF)
    フセム・アウアー(リヨン/フランスU-21代表/MF)
    アマドゥ・ハイダラ(ザルツブルク/マリ代表/MF)
    ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン/イタリア代表/GK)
    パトリック・クトローネ(ミラン/イタリア代表/FW)
    堂安律(フローニンヘン/日本代表/MF)
    ユスティン・クライファート(ローマ/オランダ代表/FW)
    クリスティアン・プリシッチ(ドルトムント/アメリカ代表/MF)
    ロドリゴ(サントス/ブラジル国籍/FW)

    10/9(火) 5:00配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181009-00048350-sdigestw-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20181009-00048350-sdigestw-000-8-view.jpg


    【【サッカー】<堂安律>「超逸材10傑」に選出! フランス・フットボール誌新設の“若手賞”候補に名を連ねる 】の続きを読む

    香川真司
    1: 風吹けば名無し 2018/08/29(水) 18:03:16.58 ID:hZNedglTMNIKU
    進展が全くない模様

    【【悲報】香川さん、セビージャ移籍できそうにない 】の続きを読む

    中島翔哉
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/08(月) 11:14:32.168 ID:/PKZFbJma
    とりあえずニコニコ笑顔だしプレーは楽しい

    【サッカーの中島翔哉って本田や香川以来のすげえ奴になりそう? 】の続きを読む

    柴崎岳
    1: 風吹けば名無し 2018/10/02(火) 11:52:05.44 ID:mDdZaEipH
    2017年にヘタフェへ加入した柴崎。デビューシーズンは負傷離脱期間もありながらリーガ22試合に出場し、一定の出場機会を得ていた。
    しかし、今季は出番が激減。開幕戦のレアル・マドリー戦はフル出場したものの、その後4試合中3試合で出番がなく、前節アラベス戦はベンチ外となった。

    そんな柴崎だが、1日のセルタ戦の遠征メンバーからも外れたようだ。『マルカ』によると“戦術的な決定”として、マドリードに残ることが決まったという。

    ロシア・ワールドカップでは日本代表躍進の立役者となった柴崎。在籍2年目を迎え、プライベートでは結婚を発表するなど、
    さらなる飛躍が期待される日本人MFだが、これで2試合連続のベンチ外に。ヘタフェでは構想外になりつつあるようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181001-00000005-goal-socc

    【【悲報】柴崎岳さん、構想外に 】の続きを読む

    中島翔哉
    1: Egg ★ 2018/10/08(月) 18:45:55.33 ID:CAP_USER9
    中島が強豪スポルティングCP相手に全ゴールに絡む圧倒的な活躍

    https://amd.c.yimg.jp/amd/20181008-00039552-theanswer-000-1-view.jpg

    海外サッカー、ボルトガル1部ポルティモネンセの日本代表MF中島翔哉が、現地時間7日のリーグ第7節スポルティングCP戦にフル出場し、2ゴール2アシストと躍動。圧倒的な活躍ぶりを現地メディア「VSPORTS」がハイライト動画を公開。続々と称賛を呼んでいる。


    【動画】「キャプテン翼のようなファンタスティックな活躍」と現地メディア絶賛、中島の圧巻のミドル弾など2G2Aの一部始終
    https://the-ans.jp/news/39552/2/?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=39552_6


     日本の新10番が圧倒的な輝きを放った。この日は3トップの左で先発。まずは前半30分、中島がワンツーのリターンをMFウィルソン・マナファに通して、先制点をアシストした。そして同44分にはゴール前でパスを受けた中島が右足をダイレクトで振り抜き、追加点を奪った。

     前半だけで2得点に絡んだ中島だが、勢いは止まらない。1点を返された後半37分には、右CKからのこぼれ球を、ペナルティーエリア外から抑えの利いたミドルシュートを叩き込み、この日2点目。終了間際にもアシストをマークし2得点2アシストの大活躍だ。

     強豪相手に全ゴールに絡む圧巻のプレーを見せた中島を、現地メディアも続々と称えている。ポルトガルメディア「Renascenca」は「スポルティングはポルティモネンセに2-4で敗戦。ショウヤ・ナカジマがキャプテン翼のようなファンタスティックな活躍」と世界的人気サッカー漫画の主人公になぞらえて絶賛。

     同じくポルトガルメディア「Diario de Noticias」も「ナカジマの躍動がスポルティングを沈める」「日本人選手が2ゴール2アシストでチームを勝利に」と活躍ぶりに拍手を送っていた。

     キリン杯(12日・パナマ戦、16日・ウルグアイ戦)に臨む森保ジャパンにも招集されている中島。次世代のエース候補が日本代表にもたらしてくれる化学反応にも期待が集まりそうだ

    10/8(月) 14:57配信 THEアンサー
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181008-00039552-theanswer-socc

    「日本人による祝祭」 中島翔哉の大活躍に現地メディア脱帽「今やリーグ最高の選手」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181008-00139910-soccermzw-socc

    「今のクラブはナカジマに小さすぎる」ウルグアイ・メディアが“小さな巨人”中島翔哉の活躍を褒めちぎる
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181008-00048333-sdigestw-socc

    【【サッカー】<日本の新10番 中島翔哉(ポルティモネンセ)>圧巻の2G2Aに現地メディア感嘆「まるでキャプテン翼」「今やリーグ最高選手」 】の続きを読む

    川又
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/10/08(月) 17:40:33.60 ID:CAP_USER9
    日本サッカー協会(JFA)は8日、キリンチャレンジカップ・パナマ戦(デンカS)、
    16日の同ウルグアイ戦(埼玉)に向けて調整を行う日本代表において、FW浅野拓磨(ハノーファー)の不参加とFW川又堅碁(磐田)の追加招集を発表した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181008-02556605-gekisaka-socc
    10/8(月) 17:32配信

    https://www.jsgoal.jp/files/news/thumbnail/00067551.jpg
    http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/soccer/list/2018/images/PK2018040102100233_size0.jpg

    【【サッカー】浅野が日本代表不参加…磐田FW川又を追加招集へ 25試合 9得点 2アシスト 】の続きを読む

    • カテゴリ:
    >48E04E97-0DA2-42F8-AB17-1E8A7FD150BC
    >1: れいおφ ★ 2018/10/08(月) 13:09:55.76 ID:CAP_USER9

    サッカー・J1サガン鳥栖のマッシモ・フィッカデンティ監督(50)が解任されることが8日、関係者への取材で分かった。
    後任にはサガン鳥栖U-18監督でトップチームのコーチを兼任する金明輝(キン・ミョンヒ)氏(37)が昇格する。

    チームは6日の第29節・湘南ベルマーレ戦を終え、J2自動降格圏の17位と低迷。
    関係者によると、海外や国内の監督候補を模索する中、
    チームをいま一つにするためには内部昇格が最善と判断したという。

    フィッカデンティ監督は守備をベースとした戦術を徹底し、就任1年目の2016年は11位。
    2年目は若手や新戦力を積極起用して8位だった。
    ただ、今季はJ1昇格後クラブワーストとなる7連敗を喫するなど前半戦から苦しい戦いが続いた。

    夏場にフェルナンド・トーレス、金崎夢生の両FWを補強したが、得点力不足を解消できず、降格圏を抜け出せずにいる。

    金氏は兵庫県出身。
    ジェフユナイテッド市原などでプレーし、2011年にJ2サガン鳥栖で引退。
    その後、サガン鳥栖U-15でコーチを務め、現在はU-18の指揮を執っている。
    9日の練習から指導し、20日のベガルタ仙台戦で初采配する。

    佐賀新聞
    https://www.saga-s.co.jp/articles/-/286285


    【【サッカー】サガン鳥栖、フィッカデンティ監督を解任へ!新監督に金明輝が昇格・・・Fトーレスら豪華補強も低迷 】の続きを読む

    このページのトップヘ