パトリック
1: Egg ★ 2018/10/07(日) 19:00:34.04 ID:CAP_USER9
世界を知るジョー&ジェイは4位タイ

https://amd.c.yimg.jp/amd/20181007-00048200-sdigestw-000-7-view.jpg

現役54選手(J1限定)にアンケートを実施!彼らの回答を基に、シュートやドリブル、パスなどの8つのスキル別に「2018年シーズンの最強Jリーガー」を決めた。ここでは「ヘディング編」のランキングを紹介しよう。
 
   ◆    ◆    ◆
 
【6位|3票】
●川又堅碁(磐田/FW)
投票者/古橋亨梧(神戸)、中山雄太(柏)、中村慶太(長崎)
 
 体勢を崩されても、相手DFより先にボールへ触れる技術はJ屈指のレベルだ。「得点だけじゃなくて競り合いでは無理な体勢でも相手より先に触る」(中山/柏)、「勢いつけなくても強いボールが打てる。打点も身体の使い方も凄い」(中村/長崎)と身体能力も高く評価された。
 
【4位タイ|6票】
●ジョー(名古屋/FW)
投票者/東慶悟(FC東京)、永木亮太(鹿島)、伊藤翔(横浜)、松原健(横浜)、三浦弦太(G大阪)、稲垣祥(広島)
●ジェイ(札幌/FW)
投票者/森重真人(FC東京)、福田晃斗(鳥栖)、高木俊幸(C大阪)、玉田圭司(名古屋)、山田大記(磐田)、河井陽介(清水)
 
 元ブラジル代表と元イングランド代表のストライカーが4位に入った。名古屋のジョーは20得点中ヘッドで奪ったゴールは5つだが、192センチと長身で、滞在時間も相当に長い。「説明不要。単純に強い」とは東(FC東京)の言葉で、13節に対戦した際に競り負けて、ゴールを許した横浜の松原は「身体は細いが、ぶつかると重い」と振り返る。「とにかく高い。あとは頭に当てたボールをしっかりゴールにできる」と鹿島の永木が回答したように、枠に飛ばすテクニックも抜群だ。
 
 一方、ジェイの競り合いの勝負強さには、プレミアリーグ仕込みの技巧が凝縮されているのだろう。高さに頼らず「腕や身体の使い方とか、自分の空間を作るのが上手い」(河井/清水)のはもちろん、「飛ぶタイミングが的確」(玉田/名古屋)。パワーよりもテクニカルな部分が光るエアバトラーに、FC東京の森重も「飛ぶタイミングとボールの落下点の読みがいい」と賛辞を送った。

つづく

10/7(日) 18:24配信サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181007-00048200-sdigestw-socc&p=1

2: Egg ★ 2018/10/07(日) 19:01:21.68 ID:CAP_USER9
パトリックは「身体をぶつけても撥ね返される」(谷口)

https://amd.c.yimg.jp/amd/20181007-00048200-sdigestw-001-7-view.jpg

【3位|7票】
●ウェリントン(神戸/FW)
投票者/秋野央樹(湘南)、木本恭生(C大阪)、安部裕葵(鹿島)、石川直樹(札幌)、栗原勇蔵(横浜)、和田拓也(広島)、江坂任(柏)
 
 敵DFを苦しめているのが屈強なフィジカル。石川(札幌)の「接触プレーから圧倒的な強さがある」や、木本(C大阪)の「立ったままでも強いけど、身体が頑丈でジャンプされたらなかなか勝てない」という回答から、その偉丈夫ぶりが窺える。「ゴール前にクロスが上がれば何か起きるのではないかと予感させる」(秋野/湘南)選手だ。
 
【2位|9票】
●都倉 賢(札幌/FW)
投票者/太田宏介(FC東京)、高橋祐治(鳥栖)、原川力(鳥栖)、三原雅俊(神戸)、山村和也(C大阪)、金子翔太(清水)、阿部浩之(川崎)、パトリック(広島)、大谷秀和(柏)
 
 今季、J1で初めて二桁得点をマークした札幌のエースは、シュート技術の高さに加えて、エアバトルでも強靭さを発揮。広島のパトリックも「対戦してみて強さを実感した」という。もっとも、ただパワフルなだけでなく、ゴール前での駆け引きにも優れ、「ファーへの逃げ方を含め、ポジショニングが絶妙」(阿部/川崎)。さらに円熟味を増している点取り屋は、チーム悲願のACL初出場に導く活躍を見せられるか注目だ。
 
【1位|14票】
●パトリック(広島/FW)
投票者/野津田岳人(仙台)、板倉滉(仙台)、蜂須賀孝治(仙台)、藤谷壮(神戸)、土居聖真(鹿島)、都倉賢(札幌)、駒井善成(札幌)、武藤雄樹(浦和)、宇賀神友弥(浦和)、佐藤寿人(名古屋)、ファン・ソッコ(清水)、登里享平(川崎)、谷口彰悟(川崎)、鈴木武蔵(長崎)
 
 今季J1での20ゴール中8得点がヘディングで、その数はリーグトップだ。広島では「頭でたくさん得点を取っているから。味方に自分の特徴を把握させてもいる」(札幌/都倉)。自陣からのロングパスやゴール前でのクロスで不可欠なターゲットだ。その存在感を示したのが23節の川崎戦で、クロスからヘディングでゴールを決めた。川崎の最終ラインからは「こちらが競り合えないような動きもする」(登里)、「身体をぶつけても撥ね返される」(谷口)などのコメントが寄せられた。

4: 名無しさん@恐縮です 2018/10/07(日) 19:04:03.56 ID:8FmS8Agu0
https://i.imgur.com/TpmzIyy.jpg

この人じゃないんか

5: 名無しさん@恐縮です 2018/10/07(日) 19:05:05.03 ID:8n1ovqhw0
>>4
スルガ銀行w

6: 名無しさん@恐縮です 2018/10/07(日) 19:05:19.00 ID:8FmS8Agu0
https://i.imgur.com/3EM9laH.jpg

こっちのが凄かった

53: 名無しさん@恐縮です 2018/10/07(日) 20:55:41.27 ID:EgAGZhYF0
>>6
これだれ?

7: 名無しさん@恐縮です 2018/10/07(日) 19:08:33.07 ID:8FmS8Agu0
http://i.imgur.com/Kv6az5V.png

あと現役ではないが、大昔のJにいたアマリージャってのが凄かった

17: 名無しさん@恐縮です 2018/10/07(日) 19:17:54.83 ID:8h4CkGWr0
>>7
(´・ω・`)フリューゲルスのアマリージャ、ガンバのヒルハウスは強力だった。フリューゲルス絡みだと前田治。男前田じゃない方。最近だとパトとドウグラスととっくんかな

34: 名無しさん@恐縮です 2018/10/07(日) 19:56:14.11 ID:ul22SI+p0
>>7
南米最優秀選手だっけ
確かに凄かったわ
あと秋田と小村

8: 名無しさん@恐縮です 2018/10/07(日) 19:09:33.73 ID:ttGlF+oz0
黒崎、長谷川、高木

33: 名無しさん@恐縮です 2018/10/07(日) 19:56:09.62 ID:Q9keZ3od0
>>8
大昔の長谷川祥之vsペレイラの空中戦は凄かった
最近では、三島康平vs山村和也の鳥人対決

35: 名無しさん@恐縮です 2018/10/07(日) 19:56:51.64 ID:ul22SI+p0
>>8
長谷川よしゆきすごかったね
歴代ナンバーワンな気がする

42: 名無しさん@恐縮です 2018/10/07(日) 20:08:37.28 ID:PMSkisyf0
>>8
長谷川はヘディング、高木はポスト、黒崎はドッカンのイメージ
長谷川はそこまで背は高くなかったのに、めちゃめちゃ頭で決めてたな

9: 名無しさん@恐縮です 2018/10/07(日) 19:10:05.98 ID:uSUHwX8P0
闘莉王だろ

19: 名無しさん@恐縮です 2018/10/07(日) 19:22:56.40 ID:b5yqgsLW0
誇らしい