サッカーライブ

国内・海外サッカーの最新情報や、サッカーの豆知識をお伝えしているサッカーブログです!(*^^*)当ブログを宜しくお願いします。 タグ Jリーグ /J1/J2/セリエA /プレミアリーグ/リーガエスパニョーラ/ブンデスリーガ/日本代表/まとめブログ/メッシ/クリスティアーノ・ロナウド

    2018年10月

    • カテゴリ:
    フィッカデンティ
    1: Egg ★ 2018/10/10(水) 06:28:14.04 ID:CAP_USER9
    サガン鳥栖は9日、同日のトレーニングより金明輝コーチがトップチームの指揮を執ることを発表した。

     マッシモ・フィッカデンティ監督の今後については「現在、協議中です」と報告しており、決まり次第、速やかに発表するとしている。

     フィッカデンティ監督は2016年から鳥栖の指揮官に就任。クラブは今夏、FWフェルナンド・トーレスやFW金崎夢生らを補強して戦力アップを図ったが、第29節終了時点で降格圏内の17位に沈んでいた。

     鳥栖はクラブ公式サイト上で「残留に向けチーム一岩となって頑張りますので、引き続き応援よろしくお願いします」とコメントしている。

    10/9(火) 19:17配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-02607631-gekisaka-socc

    【【悲報】サガン鳥栖さん、スポンサーが撤退したり監督が辞任したりともうめちゃくちゃ】の続きを読む

    フェルナンド・ジョレンテ
    1: Egg ★ 2018/10/10(水) 05:52:29.07 ID:CAP_USER9
    トットナムとの契約が満了を迎えるジョレンテ、古巣ビルバオ復帰を望むも…

    https://amd.c.yimg.jp/amd/20181009-00140133-soccermzw-000-4-view.jpg

    トットナムの元スペイン代表FWフェルナンド・ジョレンテは、古巣アスレチック・ビルバオ復帰の意向を示唆したものの、クラブ会長に否定的な姿勢を示されており、今季限りで契約満了を迎えることから行き場を失う危機に直面する可能性を指摘されている。スペイン紙「マルカ」が報じた。


     2005年にビルバオで頭角を現したジョレンテは、9シーズン在籍。エースとして活躍した後、イタリアの名門ユベントスへ移籍し、その後セビージャやスウォンジーを経て、昨季からトットナムへ加入した。

     今季はリーグ戦で9分間のみの出場に止まっており、現地時間3日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節バルセロナ戦(2-4)の試合後に「ビルバオは僕の家だ。もしオファーが来れば前向きに検討したい」と発言。下部組織時代を過ごしたビルバオへの帰還を望んでいることを表明していた。

     しかし、これを受けてビルバオのホス・ウルティア会長は「私が分かっているのは、彼は(ビルバオから)断れば修復不可能なオファーを受けながら、別のオファー(ユベントス)を選んだということだ」と、当時の移籍にいまだ納得のいっていない様子で、再獲得に否定的な姿勢を示しているという。

     ジョレンテにとっては、ビルバオFWアリツ・アドゥリスが負傷離脱を重ねていることもあり、センターフォワード獲得の必要性が浮上していることから、自身の復帰を古巣に促すコメントを発した形のようだ。しかし、会長の発言から分かるように、現時点で復帰の可能性は低いのが実情と見られている。

    熱狂的な親日家としても知られるジョレンテ

     記事でも「ジョレンテにとっては不可能な復帰」と指摘されており、ジョレンテは今季限りでトットナムとの契約が満了を迎えるため、今冬か来夏には次なる新天地を定めなければならない。

     ジョレンテはオフシーズンに来日し、京都など有名どころの観光スポットだけでなく、石川県や岐阜県などにある神社も巡るなど、熱狂的な親日家としても知られている。

     33歳の元スペイン代表FWは行き場を失う危機に直面している。元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)や同FWフェルナンド・トーレス(サガン鳥栖)をJリーグクラブが獲得しており、ジョレンテが新たにリストアップされる可能性もあるかもしれない。

    10/9(火) 22:01配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181009-00140133-soccermzw-socc

    【【朗報】超親日家の元スペイン代表FW、Jリーグ参戦の可能性も】の続きを読む

    中島翔哉
    1: 豆次郎 ★ 2018/10/09(火) 19:56:06.27 ID:CAP_USER9
    10/9(火) 14:05配信
    中島翔哉のビッグクラブ移籍は近い?現地記者が見解「レアル移籍だって非現実ではない」

    ポルティモネンセFW中島翔哉は、近い将来ビッグクラブへステップアップを果たすのだろうか。ポルトガル『PUBLICO』でチアゴ・ピメンテル記者が見解を述べている。

    世界一のランジェリーモデルはチェックした?W杯出場32カ国の女神たち/32枚

    昨季ポルティモネンセに加入した中島。欧州でのデビューシーズンでいきなり10ゴール12アシストと確かな結果を残すと、夏の移籍も盛んに騒がれたが、クラブが放出を拒否して残留することとなった。

    背番号10を与えられた今季は、開幕から4試合でノーゴールとチームとともにやや苦しんでいたが、第5節のギマランイス戦で初得点を含む2ゴール1アシストを記録。そして迎えた第7節、“ポルトガル3強”の一角に数えられるスポルティング・リスボン相手に躍動し、2ゴール2アシストと全4得点にからむ大活躍を見せ、チームを4-2の勝利に導いた。

    中島が見せる見事なパフォーマンスに、現地も大いに注目しているようだ。ピメンテル記者は、直近3試合で4ゴール3アシストを記録する24歳FWが、ビッグクラブへステップアップするのは時間の問題だとしている。

    「今年4月、『ショウヤ・ナカジマが2000万ユーロ(約26億円)でレアル・マドリーへ?』という記事が南アルガルヴェの地方紙で報道された。当時は完全なジョークだっただろう。だが、非現実的ではないだろう」

    「昨シーズンのポルトガルデビュー以来、ナカジマはポルティモネンセのジャージを着て自身の持つポテンシャルを証明し続けている。この日本人は、スポルティングを4-2と打ち負かした試合で4ゴールに関与した」

    「ナカジマがビッグクラブへ移籍するということに、もはや疑問はないだろう。むしろ、それがいつで、いかに高いレベルになるのかということが問題だ」

    すでにシャフタール・ドネツクやセビージャ、ポルト、ベンフィカなど、チャンピオンズリーグに出場するクラブから関心を集める中島。ポルトガルで輝きを放つ24歳の日本代表は、どのようなキャリアを送るのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00000009-goal-socc
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20181009-00000009-goal-000-4-view.jpg

    【【速報】中島翔哉、レアル移籍か!!!ポルトガル紙が報道「ナカジマはレアル・マドリーへ?」】の続きを読む

    CristianoRonaldo02
    84: 名無しさん@恐縮です 2018/10/07(日) 11:31:30.34 ID:HYbTzLxR0
    >>1
    歴代最高選手クリロナの実績
    CL3連覇(史上初)
    CL優勝5回(個人最多)
    CL6年連続得点王(史上最多)
    CL11試合連続ゴール(史上最多)
    CL通算120ゴール(史上最多)
    CL通算40アシスト(史上最多)
    バロンドール5回(史上最多)
    リーガ史上最速300ゴール
    EURO2016制覇

    メッシ()さんの実績
    CLベスト8以降18試合3ゴール
    CLベスト8で11試合連続ノーゴール
    CL3年連続ベスト8

    メッシは雑魚専・リーガ専のゴミwwwww

    • カテゴリ:
    イニエスタ
    13: U-名無しさん (アウアウイー Sa1f-ldsF [36.11.225.97]) 2018/10/08(月) 20:07:01.64 ID:UIPMyttqa
    神戸はメッシ、ピケ、アルバ、スアレス、ブスケツ、コウチーニョ
    ここらへんを取れば3冠出来る

    レアル選手集合写真
    1: 風吹けば名無し 2018/10/08(月) 03:46:56.14 ID:Uhz4M5ul0
    ほんまこいつらロナウドいなくなって終わったん?

    【今シーズン、バルサもレアルも不調だけどどうしたんや?】の続きを読む

    イニエスタ
    1: Egg ★ 2018/10/09(火) 12:07:00.12 ID:CAP_USER9
    https://scontent-sin6-2.cdninstagram.com/vp/af454edefe7d955920880deec843cb83/5C51199C/t51.2885-15/e35/42068885_2190424347864083_4008852325661725149_n.jpg

    家族とユニバーサル・スタジオ・ジャパンを満喫、公式SNSに写真投稿でファン注目

    J1ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、関西の有名スポットに出没した。8日に自身のインスタグラムを更新し、大阪府大阪市にあるアミューズメントパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」を訪れた様子を報告し、人気コーナーの「ミニオン・パーク」で撮影した家族ショットも投稿。ファンから「最高の写真」「会いたかった」の声が上がった一方、イニエスタが着用していた意外な帽子も注目を集めている

     6日のJ1リーグ第29節V・ファーレン長崎戦(1-1)戦で後半途中から3試合ぶりに出場したイニエスタ。相手3人に囲まれながらも華麗なヒールパスを通すと、海外メディアから称賛された。代表ウイークに突入し、20日のJ1第30節川崎フロンターレ戦(等々力陸上競技場)までリーグ戦は一時中断となるなか、オフ日を利用して家族とともに大阪へ出かけたようだ。

     イニエスタ一家はUSJを訪れ、人気エリアの一つであるミニオン・パークでキャラクターたちと家族5人の写真も撮影。公式インスタグラムに満喫ショットをアップし、「家族と一緒に一日を過ごす!」と記している。さらにハッシュタグで「#usj #minionpark」と続け、最後に「家族日!」と添えた。

     イニエスタの投稿は「いいね!」が30万件近くにのぼり、海外ファンから様々な言語で「最高の写真」「素敵な家族だ」「日本を楽しんで」などの声が上がった一方、なかにはイニエスタが被っていた野球チームの帽子(NY)に着目する人もおり、「ヤンキースの帽子が良い!」というコメントも並んだ。また、日本のファンからも「え?」「まじか!」「会いたかった!」「今度は京都に来て」と反響を呼んでいる。

     今夏、スペインの名門バルセロナから神戸に加入したイニエスタはハイレベルなプレーで観る者を魅了しているが、ピッチ外でも話題を提供してファンを楽しませている。

    10/9(火) 12:01配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181009-00140051-soccermzw-socc

    【【悲報】イニエスタさん、試合に出ず観光を楽しんでいる模様・・・】の続きを読む

    ロペテギ
    1: 久太郎 ★ 2018/10/09(火) 10:22:05.91 ID:CAP_USER9
     レアル・マドリーの新監督にアントニオ・コンテ氏が浮上している。スペイン『アス』が伝えている。

     6日、レアルはリーガ・エスパニョーラ第8節でアラベスに0-1で敗れ、公式戦4試合白星なし。さらに1985年4月以来、33年ぶりの4試合ノーゴールとなった。この状況を受けてフレン・ロペテギ監督の解任が噂されている。

     同紙によると、今月28日に控えるバルセロナとの“クラシコ”で敗れることになれば、レアルはロペテギ監督の解任に踏み切る可能性が高いという。その後任候補にコンテ氏の名前が挙がっている。

     これまでユベントスやイタリア代表などを率いたコンテ氏は、2016-17シーズンからチェルシーを指揮。就任初年度でプレミアリーグ優勝に導き、昨シーズンはFA杯(国内杯)を制したが、今年7月に解任が発表された。

     一方で、レアルはリザーブチーム(レアル・マドリーB)を率いるサンティアゴ・ソラーリ監督(41)を暫定指揮官として昇格させることも検討しているようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-02588506-gekisaka-socc

    【【悲報】レアル、クラシコ敗戦ならロペテギ解任・・・後任にコンテ氏か】の続きを読む

    中島翔哉
    1: Egg ★ 2018/09/14(金) 06:30:34.42 ID:CAP_USER9
    日本代表として3試合目の出場となったコスタリカ戦でエースナンバー10を背負い存在感を示した日本代表MF中島翔哉(24=ポルティモネンセ)が、欧州ビッグクラブ入りに前進した。

     公認資格を持つ選手代理人は「欧州のスカウトはクラブだけではなく代表も見ている。緊張感のある国際舞台でどれだけやれるのか。そこは選手を評価するポイントになるし(クラブとは)違うチームでも普段と同じようにプレーできれば(評価は)プラスだろう」と話した。その上で10番を背負ったことも好材料になるという。「獲ろうとするクラブだって注目されてない選手よりも人気のある選手の方がいいさ。マーケティング面も期待できる」と指摘。冬の移籍市場で“人気銘柄”になるのは間違いない。

     昨季に移籍したポルトガル1部リーグで10ゴール12アシストをマークした中島は、夏の移籍市場で名門パリ・サンジェルマン(フランス)をはじめ、アトレチコ・マドリード(スペイン)、シャフタル・ドネツク(ウクライナ)、ドルトムント(ドイツ)などの海外クラブと同じポルトガルのポルト、スポルティングが獲得への興味を示していると各メディアで報じられ、ステップアップが確実視されていた。

     ポルティモネンセ側は獲得オファーの存在を認めながらも中島の移籍金設定を1000万ユーロ(約12億9000万円)から2000万ユーロ(約25億8000万円)に変更し、売り急がなかった。しかし、ロシアW杯で躍進した日本代表の10番を背負う新エース候補に指名され、再び欧州クラブから獲得要請が殺到すると見られている。

     中島はコスタリカ戦後に「10番というのは特別な番号。それを含めてすごく楽しかった」と話したが、日本代表に欠かせない戦力と証明したことで、いよいよ欧州ビッグクラブ入りが現実味を帯びてきそうだ。

    9/13(木) 16:33配信 東京スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00000029-tospoweb-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180913-00000029-tospoweb-000-2-view.jpg

    【【サッカー】<中島翔哉(ポルティモネンセ)>冬の移籍市場でオファー殺到か?いよいよ欧州ビッグクラブ入りが現実味を帯びてきそう 】の続きを読む

    U16日本代表
    1: 豆次郎 ★ 2018/10/08(月) 00:06:16.42 ID:CAP_USER9
    10/7(日) 23:36配信
    [AFC U-16選手権]U-16日本代表が6大会ぶりのアジア制覇!!エース西川が決勝ゴール!

    [10.7 AFC U-16選手権決勝 U-16日本代表 1-0 U-16タジキスタン代表 マレーシア]

    “02ジャパン”がアジア制覇! AFC U-16選手権マレーシア2018決勝が7日に行われ、U-16日本代表がFW西川潤(桐光学園高)の決勝点によって1-0でU-16タジキスタン代表に勝利。日本は94、06年大会に続き、6大会ぶり3度目のアジア王者に輝いた。

     日本は準々決勝でオマーンを破って来年のU-17ワールドカップ出場を決め、準決勝ではオーストラリアを3発撃破。決勝で対戦したタジキスタンは北朝鮮や韓国を下して初の決勝進出を果たしたチームで、日本はグループステージ第2戦で0-0のスコアで引き分けていた。

     そのタジキスタンとの再戦に日本は4-4-2システムで臨んだ。GKは野澤大志ブランドン(FC東京U-18)で4バックは右SB角昂志郎(FC東京U-18)、CB鈴木海音(磐田U-18)、全6試合先発のCB半田陸(山形ユース)、左SB中野伸哉(鳥栖U-15)の構成。中盤は全6試合先発の横川旦陽(湘南U-18)と成岡輝瑠(清水ユース)がダブルボランチを務め、右MF中野桂太(京都U-18)、左MF三戸舜介(JFAアカデミー福島U18)。2トップはエース西川と今大会5得点で得点ランキング首位タイの唐山翔自(G大阪ユース)がコンビを組んだ。

     グループステージでは引いて守りを固めてきていたタジキスタンだが、この試合の前半は重心をやや前に置き、高い位置からプレッシング。良い形でボールを奪うと一気にシュートにまで持ち込んできていた。それに対して日本も1タッチを交えたパスワークでフリーの選手を作り出す。そして、西川の左足クロスなどからCKの本数を増やした。

     23分、日本は唐山が強引にDF間を突破してGKと1対1になるが、シュートはタジキスタンGKハサノフがストップ。直後にはハーフウェーライン付近でのボールロストから中央突破され、スルーパスを通された。そしてFWザイロフに決定的なシュートを打たれたが、これはGK野澤がファインセーブ。事なきを得たものの、危ないシーンだった。

     日本は西川や中野桂が遠目の位置からでも積極的にシュート。だが、個々が強度ある守りを見せ、ファイトするタジキスタンはゴール前で簡単には懐に入らせてくれない。それでも後半、日本はクロスから迎えたピンチを鈴木の好守で凌ぐと、9分に三戸をMF中野瑠馬(京都U-18)にスイッチ。そして、18分にエースがスコアを動かした。

     日本は右中間でのターンで前を向いた西川が中央の中野桂へパス。そのシュートはブロックされたが、こぼれ球を左サイドで拾った中野瑠が縦への仕掛けでDFを振り切って中央へ折り返す。これをファーサイドの西川が左足ダイレクトボレーで決めて先制した。

     西川の今大会初ゴールでタジキスタンゴールをこじ開けた日本はこの後、落ち着いてボールを繋ぎながらゲームをコントロール。タジキスタンの迫力あるカウンターにPA付近まで持ち込まれるシーンもあったが、日本は半田を中心に複数の選手が挟み込んで、身体を張ってシュートを打たせない。

     体力的に非常にキツイ終盤、日本はミスも増えた。それでも、彼らは必死に戦い続ける。39分には唐山に代えてMF荒木遼太郎(東福岡高)を投入。3分のアディショナルタイムに中野桂をFW青木友佑(FC東京U-18)に代え、最後まで全員で走り抜いた日本が1-0で勝ち、喜びを爆発させた。

     02年生まれ以降の世代で構成された“02ジャパン”は柿谷曜一朗や水沼宏太を擁した06年大会以来となる優勝。アジアチャンピオンとして来年のU-17ワールドカップ(ペルー)に臨む日本は、新たな競争を経て力を高め、世界でも舞う。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-02521073-gekisaka-socc
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20181007-02521073-gekisaka-000-4-view.jpg

    【【サッカー】[AFC U-16選手権]U-16日本代表が6大会ぶりのアジア制覇!!エース西川が決勝ゴール! 】の続きを読む

    このページのトップヘ