サッカーライブ

国内・外の最新のサッカー情報をお伝えするまとめブログです。

    カテゴリ: 海外組の日本人選手

    ポルトガルリーグで結果を残している中島翔哉について、元Jリーガーでもあるクラブ幹部ポンテ氏が称賛している。 ポルトガルリーグ第7節ポルティモネンセvsスポルティングで2ゴール2アシストを記録した、中島翔哉への賛辞が相次いでいる。 現役時代はレヴァークーゼンや浦和レッズでプレーし、現在はポルティモネンセ幹部であるロブソン・ポンテ氏が中島を称賛している。ポルトガルメディア『A BOLA』がその言葉を報じた。 「ナカジマはピッチ上で何をしでかすか予測不可能な選手だ。素晴らしいテクニック、スピード、ゲームビジョンを持っていて、一対一では巧みな駆け引きをする。そして正確なシュートを放つことができるんだ。彼は私達が誇る“サムライ”だね」 【【朗報】元浦和のポンテさん、中島翔哉を褒めちぎる「彼は私たちの誇るサムライ」】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/10/10(水) 12:35:26.11 ID:CAP_USER9
    フランクフルトは7日に行われたブンデスリーガ第7節でホッフェンハイムに2-1で勝利。元日本代表MF長谷部誠のパフォーマンスを、ドイツメディアが高く評価した。

    シーズン序盤はアディ・ヒュッター新監督の信頼を完全に勝ち取っていなかった様子の長谷部。だが、ここ最近の公式戦6試合は連続フル出場で4連勝に貢献している。4日のヨーロッパリーグでのラツィオ戦後も、監督やチームメートたちから名指しで絶賛の言葉が送られていたベテランだが、続くホッフェンハイム戦でのプレーへの評価も高かった。

    フランクフルトはこの試合、敵地でエースFWのアンテ・レビッチやルカ・ヨヴィッチのゴールにより2点リードを手にすると、66分にはレビッチが2枚目の警告を受け、10人に。1点返されたものの、リベロ役を務めた長谷部の活躍もあり、チームはなんとか逃げ切り勝ち点3を持ち帰った。

    採点を行わず、学校のクラスに例えて選手たちを評価する『フランクフルター・ルンドシャウ』だが、長谷部をGKケヴィン・トラップや得点者の2人とともに“良くできました“カテゴリーに選んでいる。次のようにそのプレーを寸評した。

    「常に状況をコントロールし、広い視野、際立つ冷静さを持ってプレー。とりわけ後半にはまたも傑出したパフォーマンスを披露。ゴールライン上のクリアでチームを救った(64分)。不可欠なアンカー的な存在だ」

    またヨヴィッチにチーム単独トップの「2」を与え、この一戦のマン・オブ・ザ・マッチに加え、第7節ベスト11にも選出したドイツ誌『キッカー』は長谷部のプレーをレビッチと並んで2位タイの「2.5」と評価。同誌での長谷部に対するここまでの平均点は「2.75」。なお34歳のベテランはブンデスリーガ全フィールドプレーヤーのランキングでは4位タイにつけている。

    (※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

    10/10(水) 12:25配信

    【【朗報】長谷部誠さん、ブンデスリーガ全選手の中で第4位にランクインする‼ 地元紙「長谷部は不可欠な存在」】の続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2018/10/10(水) 11:08:24.47 ID:CAP_USER9
    マルセイユで在籍3年目を迎える酒井、地元での認知度も着実に向上
     フランス1部マルセイユの日本代表DF酒井宏樹は、現地時間7日のリーグ第9節カーン戦に左サイドバックとしてフル出場し、2-0勝利に貢献した。今季で在籍3年目を迎える酒井は地元で人気を高めており、街中にはサムライ姿の肖像画も登場し、ファンから「クール」「日本の誇り」の声が上がっている。


     10月シリーズ(12日パナマ戦、16日ウルグアイ戦)の日本代表メンバーに招集された酒井は、カーン戦で本職の右サイドではなく、不慣れな左サイドバックとしてプレーするも的確なプレーを披露。無失点勝利に貢献し、チームも3位に浮上した。

     今季8試合に出場している酒井は、チームに不可欠な存在となっており、ここ2試合はチーム事情により左サイドバックとして存在感を放つ。2016-17シーズンから主力として稼働しており、地元でも酒井の認知度は着実に高まっているようだ。

     酒井は自身の公式インスタグラムに「最近マルセイユの街にアーティストの方が描いてくれたそうです。これからもこの街のたくさんの方に応援していただけるよう全力で頑張ります!」と綴ると、写真2枚を投稿。そこには日の丸をバックに、刀を2本差したサムライ姿の酒井が凛々しい姿で描かれている。クラブ公式YouTubeでは、その絵が完成するまでの様子を収めた動画もアップされた。

     コメント欄では「とてもクール」「素晴らしい」「日本の誇り」「愛されてますね」などの声が上がっており、ファンからも好評を博しているようだ。

     今夏のロシア・ワールドカップでフル稼働した男は、森保一監督率いる日本代表でも活躍が期待されている。マルセイユで着実に評価を高めるなか、10月の凱旋試合でどのようなプレーを披露してくれるのだろうか。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181009-00140016-soccermzw-socc

    画像
    https://www.instagram.com/p/BoqfYFvHdHL/?utm_source=ig_web_copy_link
    https://dotup.org/uploda/dotup.org1658569.jpg

    制作動画
    https://twitter.com/OM_Officiel/status/1048264051908702208
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【朗報】日本代表DF酒井宏樹さん、マルセイユで人気上昇 肖像画まで作られメッシ並みの人気にwwwwwwww】の続きを読む

    中島翔哉
    1: Egg ★ 2018/10/10(水) 06:31:48.70 ID:CAP_USER9
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20181010-00292449-footballc-000-2-view.jpg

    ポルトガル1部のポルティモネンセで活躍する24歳の日本代表MF中島翔哉。市場価値は4000万ユーロ(約52億円)に達していると、9日にポルトガル紙『ディアリオ・デ・ノティシアス』が報じている。

    【動画】本田圭佑、実は200ゴール決めていた!?知られざるプライベートにも迫る!

     同紙はタイトルに「小さな皇帝はすでに4000万ユーロの価値がある」とつけ、「スポルティングCP戦で素晴らしいパフォーマンスを見せ、2得点2アシストと活躍した。12日のパナマ戦、16日のウルグアイ戦に臨む日本代表にも招集されている」とし、「中島は6月のワールドカップメンバーで落選したが、今や代表チームでの地位は高まっている」と伝えている。

     かつてはJリーグの東京ヴェルディやFC東京、カターレ富山などでプレーしていた中島。ポルティモネンセに移籍してから存在感を発揮し、今では背番号10を託されるまでになった。今季はリーグ戦7試合出場で4得点3アシストの大活躍。次の移籍市場では、様々なクラブからオファーが届くことになりそうだ

    10/10(水) 5:50配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181010-00292449-footballc-socc

    【【朗報】ここ最近の活躍のおかげで中島翔哉の市場価値がとんでもないことに】の続きを読む

    中島翔哉
    1: 豆次郎 ★ 2018/10/09(火) 19:56:06.27 ID:CAP_USER9
    10/9(火) 14:05配信
    中島翔哉のビッグクラブ移籍は近い?現地記者が見解「レアル移籍だって非現実ではない」

    ポルティモネンセFW中島翔哉は、近い将来ビッグクラブへステップアップを果たすのだろうか。ポルトガル『PUBLICO』でチアゴ・ピメンテル記者が見解を述べている。

    世界一のランジェリーモデルはチェックした?W杯出場32カ国の女神たち/32枚

    昨季ポルティモネンセに加入した中島。欧州でのデビューシーズンでいきなり10ゴール12アシストと確かな結果を残すと、夏の移籍も盛んに騒がれたが、クラブが放出を拒否して残留することとなった。

    背番号10を与えられた今季は、開幕から4試合でノーゴールとチームとともにやや苦しんでいたが、第5節のギマランイス戦で初得点を含む2ゴール1アシストを記録。そして迎えた第7節、“ポルトガル3強”の一角に数えられるスポルティング・リスボン相手に躍動し、2ゴール2アシストと全4得点にからむ大活躍を見せ、チームを4-2の勝利に導いた。

    中島が見せる見事なパフォーマンスに、現地も大いに注目しているようだ。ピメンテル記者は、直近3試合で4ゴール3アシストを記録する24歳FWが、ビッグクラブへステップアップするのは時間の問題だとしている。

    「今年4月、『ショウヤ・ナカジマが2000万ユーロ(約26億円)でレアル・マドリーへ?』という記事が南アルガルヴェの地方紙で報道された。当時は完全なジョークだっただろう。だが、非現実的ではないだろう」

    「昨シーズンのポルトガルデビュー以来、ナカジマはポルティモネンセのジャージを着て自身の持つポテンシャルを証明し続けている。この日本人は、スポルティングを4-2と打ち負かした試合で4ゴールに関与した」

    「ナカジマがビッグクラブへ移籍するということに、もはや疑問はないだろう。むしろ、それがいつで、いかに高いレベルになるのかということが問題だ」

    すでにシャフタール・ドネツクやセビージャ、ポルト、ベンフィカなど、チャンピオンズリーグに出場するクラブから関心を集める中島。ポルトガルで輝きを放つ24歳の日本代表は、どのようなキャリアを送るのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00000009-goal-socc
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20181009-00000009-goal-000-4-view.jpg

    【【速報】中島翔哉、レアル移籍か!!!ポルトガル紙が報道「ナカジマはレアル・マドリーへ?」】の続きを読む

    中島翔哉
    1: Egg ★ 2018/09/14(金) 06:30:34.42 ID:CAP_USER9
    日本代表として3試合目の出場となったコスタリカ戦でエースナンバー10を背負い存在感を示した日本代表MF中島翔哉(24=ポルティモネンセ)が、欧州ビッグクラブ入りに前進した。

     公認資格を持つ選手代理人は「欧州のスカウトはクラブだけではなく代表も見ている。緊張感のある国際舞台でどれだけやれるのか。そこは選手を評価するポイントになるし(クラブとは)違うチームでも普段と同じようにプレーできれば(評価は)プラスだろう」と話した。その上で10番を背負ったことも好材料になるという。「獲ろうとするクラブだって注目されてない選手よりも人気のある選手の方がいいさ。マーケティング面も期待できる」と指摘。冬の移籍市場で“人気銘柄”になるのは間違いない。

     昨季に移籍したポルトガル1部リーグで10ゴール12アシストをマークした中島は、夏の移籍市場で名門パリ・サンジェルマン(フランス)をはじめ、アトレチコ・マドリード(スペイン)、シャフタル・ドネツク(ウクライナ)、ドルトムント(ドイツ)などの海外クラブと同じポルトガルのポルト、スポルティングが獲得への興味を示していると各メディアで報じられ、ステップアップが確実視されていた。

     ポルティモネンセ側は獲得オファーの存在を認めながらも中島の移籍金設定を1000万ユーロ(約12億9000万円)から2000万ユーロ(約25億8000万円)に変更し、売り急がなかった。しかし、ロシアW杯で躍進した日本代表の10番を背負う新エース候補に指名され、再び欧州クラブから獲得要請が殺到すると見られている。

     中島はコスタリカ戦後に「10番というのは特別な番号。それを含めてすごく楽しかった」と話したが、日本代表に欠かせない戦力と証明したことで、いよいよ欧州ビッグクラブ入りが現実味を帯びてきそうだ。

    9/13(木) 16:33配信 東京スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00000029-tospoweb-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180913-00000029-tospoweb-000-2-view.jpg

    【【サッカー】<中島翔哉(ポルティモネンセ)>冬の移籍市場でオファー殺到か?いよいよ欧州ビッグクラブ入りが現実味を帯びてきそう 】の続きを読む

    武藤
    1: 春の呪い ★ 2018/10/08(月) 21:18:08.24 ID:CAP_USER9
    ● ベニテス監督、武藤の英語力について「我々の予想を下回るものだった」と言及

    ニューカッスルのFW武藤嘉紀は、現地時間6日に行われたプレミアリーグ第8節マンチェスター・ユナイテッド戦(2-3)で移籍後初ゴールをマークしたなか、指揮官は武藤にプレー面以外で改善を求めているという。英紙「ザ・サン」が報じている。

     待望の瞬間が訪れたのは、ニューカッスルが1-0とリードして迎えた前半10分だった。右サイドからのクロスを中央で受けた武藤は反転しながら左足を一閃。世界屈指の守護神であるスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの牙城を崩す強烈なシュートを突き刺し、追加点を奪った。

     試合はその後3連続失点を喫し、逆転負けを喫したが、武藤は現地メディアから高評価を受けている。その一方で、この試合前にニューカッスルのラファエル・ベニテス監督は日本人アタッカーについて、ある問題点を指摘した。

    「彼の英語力は我々の予想を下回るものだった。彼が常に笑顔でいるのは良いことだと思うが、以前いくつか彼に質問した時に、笑顔で『イエス、イエス、イエス』しか言わず、内容を理解していなかった。彼にはゆっくり説明し、ジェスチャーを入れなければならない。動画や分析データを見せれば、理解は早まることだろう。
    それぞれの選手や人間性は異なる。彼は英語を上達させ、チームメイトとの理解を深めていくことになる」

     2015年から3年間マインツでプレーした武藤だが、今季からプレミア初参戦であることもあり、自身を取り巻く環境は大きく変わった。武藤は“言葉の壁”に直面しながらも結果を残しており、これからさらに飛躍しそうな予感を漂わせている。

    Football ZONE web編集部
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181008-00139941-soccermzw-socc

    【【サッカー】 「笑顔で『イエス』しか言わず理解していない」 武藤の課題をニューカッスル監督が指摘 】の続きを読む

    堂安律
    1: Egg ★ 2018/10/09(火) 09:02:38.60 ID:CAP_USER9

    栄誉を争うライバルたちの顔ぶれは?

    日本サッカー界期待の俊英、堂安律が、世界にその名を知らしめようとしている。

     現地時間10月8日、フランス誌『France Football』は恒例の「バロンドール(欧州最優秀選手賞)」の候補者とともに、今年から新設された「コパ・トロフィー」の最終10名の候補者たちも発表した。

     欧州で活躍する21歳以下の若手選手がノミネート対象だ。1950年代にレアル・マドリーで活躍し、1958年のバロンドール受賞者でもあるフランス代表往年の大スター、レイモン・コパの名を冠にしている。

     そんな栄えある賞の最終候補者に堂安が選ばれたのである。日本代表MFはイタリア紙『Tutto Sport』が主催する「ゴールデンボーイ賞」にもノミネートされており、昨シーズンのフローニンヘンで公式戦10ゴールをマークした20歳が、世界的な注目を集めている証だ。

     とはいえ、堂安と「コパ・トロフィー」の栄誉を争うライバルたちは、いずれも世界でその名を馳せる俊英ばかり。そのなかでも筆頭候補となるのは、フランス代表の“怪童”キリアン・エムバペだろう。

     先のロシア・ワールドカップでは背番号10をつけ、母国の世界制覇に大貢献。クラブレベルで見れば、モナコでの飛躍を経て昨年夏に移籍したパリ・サンジェルマンでも特大のインパクトを残した。

     その他の候補者も欧州で飛躍し続ける猛者が揃う。19歳にしてイタリアの名門ミランで正守護神を務めるジャンルイジ・ドンナルンマやリバプールでユルゲン・クロップの薫陶を受けるトレント・アレクサンダー=アーノルド、さらにはドルトムントで香川真司の同僚のクリスティアン・プリシッチ、元オランダ代表FWパトリック・クライファートの息子であるユスティン・クライファートも名を連ねる。

     誰が受賞してもおかしくない超逸材と肩を並べ、堂々“10傑”に食い込んだ堂安。その事実だけでも、ひとつの快挙と言っていいだろう。受賞者は現地12月3日に発表される。

     以下が「コパ・トロフィー」2018年度のノミネート10選手だ。

    キリアン・エムバペ(パリSG/フランス代表/FW)
    トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール/イングランド代表/DF)
    フセム・アウアー(リヨン/フランスU-21代表/MF)
    アマドゥ・ハイダラ(ザルツブルク/マリ代表/MF)
    ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン/イタリア代表/GK)
    パトリック・クトローネ(ミラン/イタリア代表/FW)
    堂安律(フローニンヘン/日本代表/MF)
    ユスティン・クライファート(ローマ/オランダ代表/FW)
    クリスティアン・プリシッチ(ドルトムント/アメリカ代表/MF)
    ロドリゴ(サントス/ブラジル国籍/FW)

    10/9(火) 5:00配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181009-00048350-sdigestw-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20181009-00048350-sdigestw-000-8-view.jpg


    【【サッカー】<堂安律>「超逸材10傑」に選出! フランス・フットボール誌新設の“若手賞”候補に名を連ねる 】の続きを読む

    香川真司
    1: 風吹けば名無し 2018/08/29(水) 18:03:16.58 ID:hZNedglTMNIKU
    進展が全くない模様

    【【悲報】香川さん、セビージャ移籍できそうにない 】の続きを読む

    中島翔哉
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/08(月) 11:14:32.168 ID:/PKZFbJma
    とりあえずニコニコ笑顔だしプレーは楽しい

    【サッカーの中島翔哉って本田や香川以来のすげえ奴になりそう? 】の続きを読む

    このページのトップヘ