サッカーライブ

国内・外の最新のサッカー情報をお伝えするまとめブログです。

    カテゴリ: マンU

    1: Egg ★ 2018/10/10(水) 12:29:59.65 ID:CAP_USER9
    ジョゼ・モウリーニョは2016年7月6日にマンチェスターにやって来て以降、ずっとホテル暮らしを続けている。
    その日数は825日にも及び、ザ・ローリーホテルに住んで3シーズンが経つ。
    2020年までクラブと契約を持つにも関わらず、モウリーニョは同ホテルからの引越しは考えていない。

    G・ネヴィルがモウリーニョを擁護「彼をサポート」

    『Daily Mail』によると、モウリーニョは1泊600ポンド(約9万円)の部屋Suite Riversideに居住している。
    それはこのポルトガル人監督がホテル暮らしを続けた3年間で約50万ポンド(約7,500万円)を費やした事を意味する。

    モウリーニョが居住するスイートルームの窓からは美しい川の景色が見え、柔らかいソファのセレクションを備えている他、リビングと別に小さなキッチンも備えたダイニングルームもあるという。
    同ホテルはその部屋についてプライベートアパートにいるような感覚で滞在する事ができると説明している。

    モウリーニョは数ヶ月前に自身のホテル滞在をこのように誇っていた。
    「毎日、私を追っているパパラッチを持つ事はホテルや私のスポンサーになっている服のブランドにとってファンタスティックな事だ」

    従って、もしモウリーニョがマンチェスター・ユナイテッドを離れる事になったとしても、彼は家を売る事を心配する必要はない。

    10/10(水) 12:14配信 スポルト
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-00010005-sportes-socc

    【【衝撃】モウリーニョさん、クラブチームのお金で1泊9万円のホテルに3年間住んでいた・・・】の続きを読む

    モウリーニョ
    1: pathos ★ 2018/10/04(木) 12:16:53.77 ID:CAP_USER9
     マンチェスター・ユナイテッドのキャプテンを務めるDFアントニオ・バレンシアは、SNS上でジョゼ・モウリーニョ監督の解任を望んでいるかのような動きを見せたことについて釈明し、謝罪を行った。英メディア『BBC』などが伝えている。

     ユナイテッドは現地時間2日に行われたチャンピオンズリーグの試合でスペインのバレンシアと対戦し、ホームで0-0のドローに終わった。公式戦4試合連続で白星を逃し、モウリーニョ監督が解任される可能性も取りざたされている。

     そういった状況の中、バレンシアはインスタグラムの自身のアカウントで、あるユーザーの投稿に対して「いいね」を押した。その投稿はバレンシアの写真にコメントが添えられたものであり、コメントは「モウリーニョは去るべき時だ」という言葉で締めくくられていた。

     ユナイテッド主将がモウリーニョ解任論を支持したように見える形となったが、その後バレンシアはツイッターで説明。「写真に添えられた文を読まずにいいねをしてしまった」と述べている。

    「僕の意見ではない。このことについて謝罪したい。僕は監督とチームメートたちを全面的に支持している。全員が結果を改善するために全力を尽くしている」とバレンシアは述べ、指揮官をサポートする姿勢を明確にしている。
    https://www.footballchannel.jp/2018/10/03/post291672/

    【【サッカー】マンU主将バレンシア、インスタで「モウリーニョは去るべき時だ」に「いいね」を押したことを謝罪 】の続きを読む

    このページのトップヘ